ばぁちゃん のすべての投稿

Google のちょっと変わったロゴ一覧が見たい!Doodle





先日、Googleのロゴを見ていたら、昔のゲームでよく出てきたポリゴンキャラクターのうさぎがロゴにくっついているのを見つけました。

クリックしてみると「子供向けコーディング 50 周年」だそうで、ウサギを動かすプログラミングがゲームになってました。

そういえば、Googleでは時々「今日は何の日?」をロゴに使って、そのことを教えてくれたりしていましたし、ゲームも何回かやったような覚えがあります。

で、以前どこかでロゴ一覧を見たような・・・。

 
Doodle というサイトのアーカイブで、今までのロゴやゲームを見ることができるようになっていました。

https://www.google.com/doodles

『Doodle(ドゥードゥルと読みます)は、祝日や記念日、有名な画家や先駆者、科学者の生誕などを祝うため、斬新で楽しく、また時には自由な手法で Google のロゴ マークをアレンジしたものです。』(Doodle のサイトから)

とのことです。

これを知っていれば、前回楽しんだゲームだって、お友達に教えられます!!

 

ところで、「子供向けコーディング 50 周年」って・・・。

1967年、LOGO という教育用プログラミング言語を開発した人たちがいたのだそうです。

当時はまだまだ、FORTRAN などのプログラミング言語を使って、数値処理をするのがコンピュータだと思っていた頃ではないでしょうか。そのころ、カーソルの動きと線描を命令して描かせるプログラミング言語があったなんて驚きです。(タートルグラフィックスというんだそうです)

そして、そのLOGOで学んだ(遊んだ?)少年たちが将来SCRATCHを開発するんですね。

次の世代はどうなっていくんだろう。



iPhoneでチャージができないよぉ





先日、神奈川県の宮山という駅に初めて降り立って・・・、と降り立とうとしたら・・・、改札で、止められた!

Suicaには34円しか残っていなくて、

じゃぁ、チャージすればいいじゃん、ってなるところなんだけど、やっとiPhoneで改札を抜けられるように設定したところで、チャージの仕方が分からない。

おまけに、この駅無人駅らしくて、インターホンで駅員さんとお話しだけできるようになってる。

 

「あのぉ、残高不足で改札抜けられなくて・・・

iPhoneなんで、チャージの仕方がわからなくて・・・

え?クレジット決済?

えっと、そのやり方もわからなくて・・・」

 

かなり困ったばぁちゃんを演じてしまった。

 

びぇ~

 

そして、駅員さんは慌てずさわがず・・・

『今日お帰りにの際にもう一度電車に乗られます?

その時に改札の係の人に現金で払ってもらえればいいですので、このまま改札抜けてください。

コンビニでチャージもできますから。』

と、親切で優しい駅員さんだったんだけど

びぇ~、恥ずかしい。

帰りに有人の改札でわけを話して現金で支払いを済ませ・・・。つかの間の無賃乗車を終えました!

 

そういえば、オートチャージの設定したはずなんだけどなぁ。。。

まぁ、何はともあれ、カードでチャージしてみようっと。

と、Walletを起動して、SUICAの「i」マークからチャージしようとしたら、auWALLET のプリペイドカードでしか、支払いができない。これ、ほとんど残高が残ってない!

登録されているビューカードは「APP内およびWEBでのお支払いにはご利用できません」になってる。

もしかしてVISAだからか・・・??なんか、前にVISAはだめよ、みたいなことが書かれているのを読んだような読まなかったような・・・。

ということで、別のカード探して登録して、チャージしてみたらすんなりOK。やっぱVISAはダメなの?と半分納得しつつ

次は、オートチャージ。だって設定した記憶があるってば!

オートチャージは Suica アプリで設定するらしい、ということで、 Suica アプリを起動してみると、チャージできるところがあって・・・

金額を選ぶとVISAカードが選択できて・・・

ここではVISAカードでもちゃんとチャージできるんだ!

 

よくわかんないけど、Wallet アプリではVISAが使えなくて、Suica アプリではVISAでも使えるらしい。

 

で、オートチャージのなぞは、そのまんまなんだけど、カードがきちんと設定されていなかったような・・・。いじくりまわしてたので、何が何だか分からなくなっちゃった。

 

次、オートチャージになってくれるんだろうか・・・。



SMSの料金って、通話料なの? Wi-Fi接続も関係ないの?





キャリアと言われる、DOCOMOやSoftbank、au なんかの料金って、どうしてあんなにわかりづらいんでしょう。

ばぁちゃん仕様の書類はこちら、ってないものだろうか・・・。

大手キャリアと契約するのをやめてSIMフリーを利用した友達もいるけど、ばぁちゃんにはわかったようなわからないような・・・。

なんちゃらオプションやらなんちゃらサービスやらがたくさんあってわからないのに、そもそも基本がわからない。

 

通信料と通話料って何?(そこからかい!)

 

先日友達と話してて、

「LINEの無料電話はパケット通信料はかかるのよ!スマホをWi-fi接続で使っていれば本当に無料だけどね」

なんて知ったかぶってお話してたんだけど・・・。

 
自分のスマホの請求書が、月ごとに金額が違うことに気が付いた!

 
えっと、電話はかけ放題できるプランにしてるし、通信費の容量は契約容量内で収めてて、そもそもほとんどWi-Fi接続だし。

なんで毎月支払額が変わるの?

って思ったら、SMS(ショートメッセージ)の費用が加算されてました。

 

SMS はメールと同じだと思っていたけど、通信料ではなく通話料として加算されててかけ放題の対象外でLINEみたいにWi-Fiを使えるものじゃなくて・・・。

 

私の場合、au との契約だけど、DOCOMO や Softbank でも同じらしい。

ちなみに
SMSは通話料が発生し、スーパーカケホやカケホからは除外されるので、結局は料金がかかるけれど、家族割がある場合には家族へは別だよってことです。

ふぅ・・・。



エクスプレスカード設定の落とし穴・・・ふぅ





や~~~っと、iPhoneに Suica やらよく使うカードやらを設定して、「エクスプレスカード」とかの設定で Suica を登録したのに、iPhoneで Suica を呼び出すと、指紋認証が出てきちゃう。。。

『エクスプレスカードに設定したカードは Touch ID なしで利用できます。』って書いてあるのにぃ。

え~、Touch ID って指紋認証のことじゃないのぉ?

なんで毎回改札前であたふた指紋認証しなきゃいけないのぉ?

って、しばらくこの疑問に頭の片隅で文句言いながら、改札を抜けていました。

 

ほんとは、Suica 画面を出さなきゃよかったんです。

ホームボタンをピピっと2度押しすると Suica の絵が出てくるんだ、ってうれしくなってSUICAのカード表示を出してたのがいけない!

 

なぁんにもせずに、自動改札にペッと、iPhoneを近づければ、表だろうが裏だろうがちゃんと認識して通してくれたんです。

iPhoneがスリープ状態でそのまま通ればよかったものを、ホームボタンを2度素早く押せば Suica のカード表示が出るなんて知っちゃったものだから、ややこしくなっちゃっただけだったんです。

『Suica がエクスプレスカードとして設定されている場合は、iPhone の上部や Apple Watch を改札機の読み取り部 (の数センチ以内) にかざすだけで改札を出入りできます。iPhone や Apple Watch の電源が入っている必要がありますが、ネットワークに接続されている必要はありません。改札を出入りする時にデバイスのスリープやロックを解除したり App を開いたりする必要もありません。読み取りが完了すると、「完了」という文字とチェックマークが画面に表示されます。』

ってAppleのサイトにもちゃんと書いてあるじゃありませんか。ほんとに前から書いてあったか???

ばぁちゃんには、知ってからならわかる文章、ってのがあるんですよ!ねぇ。

この数か月、ず~~~~~っと悩んでた、ばぁちゃんでした!



iPhone で使える USBメモリ !?





新しいスマホに変えて、スマホの傷防止フィルムやら、バックアップ用のUSBメモリやら、最後には家の電気に至るまで強力に売り込まれて、ちょっとムカついたのですが、その時購入してしまった SanDisk iXpand Slim フラッシュドライブって結構便利かも。

USBに差し込む口と、iPhoneの充電ケーブル差し込み口(Lightning端子)の両方が使えるようになっていて、iXpand Drive というiPhone アプリをインストールしておけば、iPhone に差し込むだけで、iPhone で撮った動画や写真をバックアップしてくれて、PC の USB に差し込むだけで、そのバックアップした写真や動画を見られるし、コピーもできる。

写真や動画は、iCloud や Google Photo にバックアップしていたのだけれど、遊びに行った孫の家で、ちょっと今だけPCに入れてよ、って言われた時にとっても役立ちました。

普通のUSBと同じように、小さいから、持ち運びも苦にならないので、どこかに持ち歩きたいドキュメントなんかも、普通のUSBドライブのようにデータを持ち運ぶこともできるし。
おまけに、主要なビデオ形式(.WMV、.AVI、.MKV、.MP4、.MOV)で保存したビデオを直接再生できるので、通信を使わずに、外出先で動画を見ることもできるんです。

変なの買っちゃったかなぁ、とちょっとへこんでましたが、まぁ、便利に使ってみようと思いました!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SanDisk iXpand Slim フラッシュドライブ 128GB SDIX30N-128G-JKACE
価格:12080円(税込、送料無料) (2017/10/10時点)

Amazon の評価のところで、iPhone6 から iPhone7 の移行に使ったら写真データが消えてしまった、っていう事例が書かれていたけれど、私の場合には問題なくできたよ! でもアプリやその他設定などもいろいろあって、結局 iTunes で移行しなおしちゃったけど。

このドライブを iPhone に差し込んで、自動的にバックアップされた後は、いつもiPhone からデータを削除するか聞いてくるので、ばぁちゃんにはちょっと間違いやすいけど。