ばぁちゃん のすべての投稿

優雅にお茶してます、じゃ。


これ、なんかわしの後頭部にも見えるんじゃが・・・、実はジャスミンティの卵なんじゃよ。

熱湯を注ぐと、ほれ、卵がかえって・・・。こんな花が咲くんじゃ。

LUPICIA というお茶屋さんの THE MARI とかいうお茶。

かおりよし、見目もよし。
むふふ、わたしじゃぁ。

年を取ると、ゆったりと優雅に、のんびりと幸せに、一時一時を大切に過ごしたくなるもんで
スタバのコーヒーがぶ飲みもうまいがの。
こういった時間も持ちたくなるもんなんじゃ。

不満があります!でも前向きに(^_-)-☆

悪い部分にばかり目を向けていると、なかなかいい方向に目が向かない。

「戦争をやらない」ではなく「平和な世の中にする」と考えるだけで、行動の方向性が大きく変わると、どこかの本で読んだことがある。

「お金がない~どうしよう」じゃなくて「お金持ちになるにはどうしたらいいか」とか、

「しわが増えたぁ」じゃなくて「肌にいいことは・・・」とか?

ふん、まだまだ上手にいかん!

 

不満買取センター」というサイトを見つけたぞ。

わたしら一般消費者の不満を買い取って、企業に商品やサービスをよくするヒントにしてもらうらしい。

 

年とともに文句が多くなるもんじゃ!

それが自分を年寄りに見せているようで嫌だったんじゃが、文句がより良い企画やサービスに結び付くなんてすごいじゃないかい!

 
無料の会員登録。
その時の「利用規約」のながぁい文章、なんとかならないもんかのう!
この文句、買い取ってくれぃ

ばあちゃんは、新しくわくわくする技術を応援する!

先日、孫のおもちゃを探していて、面白いサイトを見つけた。

Makuake

株式会社サイバーエージェント・クラウドファンディング の クラウドファンディングのサイト。

 

と言いつつ、クラウドファンディングってなんじゃぁ?

クラウドファンディングとは、群衆(crowd)と資金調達(funding)の造語でアイデアの実現などの「ある目的」のために、インターネットを通じて不特定多数の人から資金の出資や協力を募ることだそう。

Makuakeでは、こんなものが商品化されたらほしい!というようなものや、レストラン、映画やアニメまで、幅広く応援できるものがアップされていて、ばあちゃんおすすめの、見ているだけで楽しいサイト!

 

今は、先行販売で購入したクリスマス前に届くかもしれない、おもしろいおもちゃを楽しみにしているところ!!

応援したおもちゃは【ボタンをつけると、ぬいぐるみがしゃべりだす!?おしゃべりスピーカー Pechat】
これについては、また今度!

重たい荷物だって笑顔で運ばなきゃ キックボードがついたキャリーケース

ばぁちゃんだって、遊びたい。でもちょっと恥ずかしい・・・

孫と旅行に行ったときに、絶対うけるよね!

いまどきのばぁちゃんは、このくらい乗りたい!
DMM通販で売ってますよ!


アマゾンでも売ってました!

すべての仕事をロボットが行ってくれるようになると・・・

20160308-1Moth Collective というアニメスタジオ のサイトで「The Last Job on Earth – The Guardian」というアニメが話題になっておるそうじゃ。

全ての仕事をロボットが行い、きれいな街並み、便利な生活のいいことづくめのはずの生活で、スラム街のようなところでは、仕事を失った人々が食べるにも困り、「FOOD BANK」と書かれたビルの中に吸い込まれ、食料をもらっている。そして主人公もとうとうロボットに職を奪われ、職を失う・・・。
という、なんともさみしさを感じるアニメなんじゃが。

優雅に暮らしている人は何の仕事をしているんじゃろうなぁ、
と考えてしまうのは、ばぁちゃんだけかのう。

ロボットがであらゆることができるようになり、当然ロボットに職をうばわれる。

過渡期としては当たり前じゃろうが、でもその次を考えた時、
すべてをロボットが行ってくれるようになれば、私たちの生産活動は考えてもみなかった違った方向に転換し、楽しい毎日が送れるようになる、ということ考えられるんではなかろうか。

 

ばあちゃんの身の回りの世話をしてくれて、プログラミングバグも修正してくれるロボットがいて、電源供給や、無線帯域の枯渇も心配してくれたりして・・・

そうすれば、ばぁちゃんたちは悠々と楽しい次のことを考えられるんじゃなかろうか。

とそんな未来を楽しみにしてみようじゃないかい。

 

 

Gigazineの『あらゆる仕事がロボットによって全自動化された未来を描くアニメーション「The last job on Earth」』記事にも詳しく紹介されておるぞ。