ばぁちゃん、クリックってなに?ドラッグってなに?





「ばぁちゃん、クリックってなに?ドラッグってなに?」

もうそろそろ、そんなことを孫に聞かれるようになるらしいんじゃ。

 

「ムフフ、えもんかけって知ってるかぁ」とか「ごふじょうっていうのはね・・・」なんて孫をからかっている場合じゃなくなるようじゃよ。

 

そういえば、ちょうど1年くらい前、某IT会社の社長さんから、新入社員にパソコンの使い方を教えてるっていう、よくわからん話を聞いてたんじゃが、ほぼ、信じていなかったんじゃ。

が、今日はCNETの「スマホサイト以外で買い物は無理」–高校生は“スマホオンリー”」の記事を読みながらそう思ったわけじゃ。

——————————
ジャストシステムの「モバイル&ソーシャルメディア月次定点観測(総集編)」(2015年2月)によると、15~19歳における12月の主要メディアの平均接触時間は、「スマートフォンからのインターネット接続」が135.3分でトップ。「PCからのインターネット接続」(104.1分)、「テレビ」(101.8分)を抜いている。この年代は、1年を通じて「スマートフォンからのインターネット接続」が一番多いという結果になった。10代においては、完全にスマートフォンが主要メディアとなっているのだ。
——————————

小さい文字が苦にならなければ、スマホのほうが楽じゃもんねぇ。

 

とは言え、ばぁちゃんとしては、

「タップって何?フリックって何?」なんて死んでも孫に聞きたくないから、今必死に覚えこんでいるところじゃ。

タッチインターフェースの用語」で!
 

言葉は生ものだからのう。ついていくのに必死なわけじゃ(秘)

 
ばぁちゃん なめんなよー(うまくないし)