Raspberry Pi ってなんじゃ?うまそうな・・・

実はばぁちゃんだってプログラミングはできるんじゃ!

が、電流って何?電圧って何?抵抗ってなぁに?????状態。

でも2次元じゃなく3次元で遊んでみたいなぁ、と。どこまでできるか Raspberry Pi で遊んでみることにした。

アマゾンさんでRaspberry Piで学ぶ電子工作って本を買って。

 

Raspberry Pi はちっちゃなコンピュータでLinax系OSが動くんじゃ。

でもって、GPIOポートってのがついてて、そこにジャンパーワイヤーってのを差し込むと、電子工作ができるんじゃ。


右側に単三電池があるけど、その左隣の方眼用紙みたいな白いボードの、そのまた左隣のクリアなケースに入ってるやつ!
ちと、机が汚いが、苦行の末ということで。


↑ Raspberry Pi ってこれ(ケースかぶってるけど)

 

購入したのは Raspberry Pi3 Model B とかいうので、USBポートが4つもあって、無線LANも有線LANも使えて、microSDのスロットもあるし、モニターにつなぐ口はHDMIで、イヤホンジャックもついてて・・・って、普通のコンピュータ。

 

この本には、電源ってなに?電圧?抵抗???、というばぁちゃん用に途中途中にしっかり注釈入れててくれて(もう一回読まないとすぐ忘れる・・・)、本の通りにやると、ラズベリーパイが起動して、ちょっと感動!

 

とその前に、これ動かすために必要になるのが、8GB以上のmicroSDカード、ネットにつながってるPC、microSDカードの読み書きできるもの、モニターとマウスとキーボードとマイクロUSB接続の電源、とルーターとLANケーブル。(詳しくは本書で)

で、家にあるパソコンはノートPCで、購入したmicroSDカードにはSDカードアダプタがついててくれたんだけど

古いマウスとキーボードをやっとのこと探し出して、はて、モニターは・・・。
昔のボチボチのいっぱい出てるVGAケーブルのモニターしかない。
ラズベリーパイには HDMI のポートしかない・・・う~。
モニター買わなきゃダメ?って思ってたら、何でも変換ケーブルってのはあるようで、「HDMI オス to VGAメスビデオ変換アダプタケーブル PC DVD HDTV用」ってのが売ってた!

(ちなみにVNCとかいうソフトを使えば、ノートPCのモニターをラズベリーパイのモニターとして使うこともできるらしい・・・。)

もひとつ、電源を買わずになんとか。。。
ラズベリーパイの推奨が最大電流2.5Aだけど、1.5Aあれば動くよ~って書いてあったので、探しまくったら、古いiPadが出てきて、その電源が2.1Aって小さく薄く書いてあった。

(このアンペア、老眼にはちょっと・・・きつい!)

で、なんとかやっと始められることになったというわけじゃ。

 

今回買ったのは

ケース付のRaspberry Pi3 Model B とぉ、

モニタにつなぐための「HDMI オス to VGAメスビデオ変換アダプタケーブル PC DVD HDTV用」とぉ、

電源は何とかなったけど、それをつなぐケーブル、「USB2.0ケーブル(A to microB)」とぉ、

マイクロSDカードとぉ、

最後に忘れてならない、ラズベリーパイにつないで実験をするための抵抗やら、LEDやら、ケーブルやらがワンセットになったRaspberry Piで学ぶ電子工作 専用 実験キット

これはちょっと難ありで、本書に書いてあるものを素直に購入すればよかったと後からちょびっとだけ後悔したんだけど、ぜーんぶ面倒だったのでアマゾンさんで購入!
うまく使いこなせなかったものは、『Raspberry Pi3 Model B  1-wire接続のデジタル温度センサー DS18B20を動かす(覚書』にでてるぞい

でもって、このお勉強の中で写真も撮れるっていうので、ラズベリーパイ用のカメラまで購入!
これも自分の顔が写った時は怖かった、じゃなくうれしかったなぁ。