じぃちゃんの白内障手術を、スマホ(iPhone)のアラームとタイマーで乗り越える!





90歳を間近に、ばぁちゃんの父親(ひぃじぃじと呼ばれてる)が白内障手術をすることになった。

年も年なので、内科の検診やらいろいろな検査がありの、片目ずつ一泊入院のほぼ1か月の長丁場だ。

そして、手術前3日間、1日4回の目薬。
手術後いつまで続くかわからないが、ひとまず1日5回の目薬2種と、1日一回の目薬1種。1つさしたら5分以上は開けること、と言われた。

 

それを管理するだけで、ばぁちゃんは疲れた・・・。

 

そのうえ、今度は、左目が終わって、右目の手術前3日間は、手術前の右目の目薬が1日4回。手術後の左目の目薬が、少し減って1日3回が2種類と2回が1種類で5分おき。

ひとまず、いつ何を指すかの表を作って、スマホのアラームもセットして、アラームが鳴ったら、今度はタイマーを使って間隔を測って・・・

   

 

スマホがなかったらやってけなかったなぁ、と思いつつ、

はるか昔の娘の授乳の時でもこんなに苦労しなかった・・・、と嘆きつつ・・・。

ばぁちゃんは疲れた・・・。