iPhone の カメラアプリでQRコードが読めるようになった、の・か・な?





iPhone の iOS 11 から、カメラアプリでQRコードが読めるようになった、らしいよ。

iOS11が使えるようになったのは先月だから、ばぁちゃんだって時々情報が早い!こともある。

iPhone では、今までは QRコードアプリをインストールしておく必要があったのだけれど、カメラアプリで QR コードを読み込めるようになったので、とっても便利になった。

カメラアプリで QR コードを写すと、『Safariで開きますか』というようなメッセージが表示されるようになりました。
もちろん、QRコードがブラウザ用のURLになっていたからですけど・・・。

 

例えば、下の QR コードを iPhone のカメラアプリで撮影しようとしてみてください。

こんな感じになりましたか?上部の「Safariで開く」をタップすると、このサイトのトップページが表示されます。

 

ばぁちゃんだって、簡単にQRコードを読む込めることになったぞ!

 

先日、よく行く和菓子屋さんで、『Lineのお友達登録してくれたら、お菓子一つプレゼント』っていうのをやっていて、簡単にLinenoお友達登録ができて、お菓子1つGetして帰ってきました。

やったね!!